資料の紹介

 生産年齢人口の減少、外国人労働者の増加、雇用の流動化など、国内の労働環境は、大きな変化を続けている。1つの会社に定年まで勤続する人は少なくなり、企業も教育にかける時間やコストを減らして即戦力を求める傾向にある。一方、技術やノウハウの伝承という課題が顕在化し、多くの企業が業務のマニュアル化を進めている。

 その中で特に増えているのが動画を使った業務マニュアルだ。スマートフォンが普及し手軽に動画を見られるようになったことで、利用が広がっている。動画のマニュアルは紙に比べて情報量が多く、理解しやすい。実務をそのまま撮影して使えるため、言葉の壁がある外国人向けのマニュアルも作りやすい。クラウド上で管理すれば、再生回数を把握し、習熟度のテストを行うことも簡単だ。古いものと新しいものが混在したり、紛失したりする心配もない。

 本資料では、動画マニュアルを作成するコツと管理方法、7社の事例を解説する。鶏卵の国内最大手のイセ食品では、紙から動画のマニュアルに変更することで、トレーニングのバラつきがなくなったという。さらに、字幕を自動翻訳する機能を活用することで、外国人の業務定着率が向上したとする。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。