資料の紹介

 企業の収益性を判断するうえで欠かせない指標、ROA(純資産利益率)とROE(自己資本利益率)。数値が高いほど収益性は良く、一般にはROA5%以上、ROE10%以上が優良企業の目安とされる。

 ROAとROEは相互に関連性のある指標であり、それぞれを見るだけでなく、組み合わせて分析することが重要だ。例えば、「ROAが高く、ROEが低い」場合は、負債が大きく事業の状態が悪化しているかもしれないし、「ROAが高く、ROEが低い」場合は、銀行からの借り入れなどを上手に活用できていない可能性がある、といった具合だ。

 本資料は、企業の収益性を分析する際の基本となる指標、ROAとROEの定義と両者の違い、これらの指標が変化する要因や対策などを簡潔にまとめたもの。あわせて、総資産、自己資本の適切な管理を助ける経理部門向けのシステムや、経理担当者のためのブログも紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。