資料の紹介

 デジタル変革(DX)の実現に向かう多くの企業が直面する共通の課題が、データ活用基盤の整備である。データを起点に戦略を立て遂行することで、成功の法則性を見いだしたり、ビジネス環境の変化を迅速かつ正確にとらえて対応のスピードを高めたりすることができるからだ。

 しかし、多くの日本企業は、データを十分活用できているとは言いがたい状況にある。その要因の一つに、事業部や部署ごとの個別要件に最適化したシステムの乱立がある。こうしたシステム群は、機能の追加・拡張が繰り返されることで複雑化し、他システムとの連携が困難になり、部門・部署をまたいだデータの活用を困難なものにしてしまう。

 本資料では、データ活用基盤の整備という課題の解消に向けて、データ活用基盤を短期間かつ内製で構築する方法を解説する。ノーコード開発のデータ連携ツールを活用することで、プログラミングの知識がない業務部門でも扱うことができ、IT人材が不足している企業でも、デジタル変革を加速できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。