資料の紹介

 リモートワークは今やワークスタイルの一つとして定着したが、出社を余儀なくされる業務も少なくない。その代表例が、請求書をはじめとした帳票の印刷だ。とはいえ最近では請求書発行サービスの普及が進み、請求書が電子化されて印刷や封入封緘(ふうかん)・発送といった業務は急速に減りつつある。

 しかし、請求書発行サービスを導入しただけでは、帳票周りの課題が解決しないケースもある。特に、その企業に固有の業務と密接に関連した帳票の場合、システム自体はクラウド化できても、帳票に関わる部分のクラウド移行やアウトソーシングが難しいことが多い。

 本資料では、企業固有の要件を含め、帳票周りの課題もまるごと解決するという、クラウド型帳票サービスおよび関連ソリューションを紹介する。請求書発行サービスだけでは解決が困難だった問題にも対処でき、帳票に関わる作業の大幅削減にもつながるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。