資料の紹介

 データに基づく洞察を企業変革に生かす「データドリブン経営」。DX(デジタルトランスフォーメーション)の1つの理想形と言えるが、ここでは「データをどのように、いつ活用すべきか」が鍵を握る。まずは必要なデータを取捨選択し、分析に即した形に加工して経営支援まで役立てる道のりは、予想以上に困難なものである。

 陥りがちな失敗は、データを可視化・分析できるBI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入すれば、すべて解決すると勘違いしてしまうことだ。多くのソフトウエアと同様、BIツールも導入後の利活用と定着化が最も重要になる。しかも、作業効率化のために入れるツールではない。正解のない経営に活用するとなれば、社内ユーザーの意識を変えていかねばならない。

 本資料は、グローバルで導入実績のあるBIツールの提供ベンダーが「データドリブン経営」への変革の道を紹介したものだ。データドリブン経営を成功に導くための重要な要素として、「リーダーシップ」「人材」「価値認識」「戦略」「プロセス」「技術」の6項目を詳しく解説する。いかにBIツールの使いこなしに人材リソースや組織の力が不可欠であるかがよく分かる資料となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。