資料の紹介

 企業が収集できるデータが、量、種類、形式のすべての面で拡大する中、社内外のデータを活用して急変する市場や顧客ニーズに対し、迅速かつ適切な対策を打つことは、企業にとって極めて重要だ。しかし、現状では多くの企業が、過去のデータを収集・分析し評価するだけで手いっぱいの状況にある。

 リアルタイムのデータに基づいた、意思決定とアクションを企業に定着させるには、従業員がその部署や職種によらず、業務に必要なあらゆるデータにアクセスできなければならない。加えて、目的に応じた形に可視化されたデータや、データから次のアクションを導き出せるスキルも必要になる。

 本資料では、データドリブンな組織の実現を阻む3つの壁を挙げて、その打開案について説明した後に、中国地方のスーパーマーケットであるマルイの取り組みを紹介する。同社では、需要に応じてリアルタイムに精肉加工することで売り上げが20%アップしたほか、競合のエリア出店に伴う影響を数日間で把握し、早期に対策を打つことが可能になったという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。