資料の紹介

 近年、あおり運転による事件や事故が増加し、罰則も強化された。あおり運転は個人間のトラブルと思われがちだが、車両を利用して業務を行っている企業も無関係ではない。

 従業員があおり運転の加害者となってしまった場合、企業自体も処分の対象となる。従業員があおり運転をした場合は3日間、あおり運転により重大事故を起こした場合は7日間の事業停止処分が課せられる。運送業者だけでなく、車を利用するすべての企業は、リスクがあることを意識しておく必要がある。

 本資料では、あおり運転のリスク低減に向けて企業が取り組むべきポイントとクラウド型運行管理サービスについて紹介する。リスク回避のためには、運転者の安全意識向上に取り組む必要がある。さらにドライブレコーダーを装着して記録を残したり、記録を定期的に確認したりするなどの対策が重要だ。ドライブレコーダーに通信機能を搭載し、車両の稼働状況や運転状況を可視化できるサービスを活用することで、急加速や急ハンドルなどの危険な運転をリアルタイムに検知し、安全運転指導を行うことも可能だ。こうした通信型ドライブレコーダーやクラウド型の運行管理サービスの活用が有効だという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。