資料の紹介

 米Pizza Hutは、データ分析システムを、オンプレミスのデータウエアハウス(DWH)からデータ分析クラウドに全面移行した。1年で最も多くの注文が殺到する「スーパーボウル」開催中も、ほぼリアルタイムで経営上の意思決定が可能になると同時に、ユーザーが全社のデータをいつでも効果的に使える環境を実現した。

 それまで使っていたDWHは、需要に合わせて拡張することが難しかった。IT部門はその都度、ハードとソフトを追加し、データベースをチューニングしなければならなかった。それでも、米ナショナルフットボールリーグ(NFL)の王座決定戦であるスーパーボウルの日には、データ量が3倍にも膨れ上がるため、リアルタイムのデータ分析が不可能な状況だった。

 本資料では、注文数が跳ね上がるスーパーボウル開催時にも、リアルタイムでの意思決定が可能な拡張性を確保するために、Pizza Hutが採用したデータ分析クラウドと、実際の効果を紹介する。リアルタイムでデータに基づく意思決定が可能になったことで、2020年のスーパーボウルでは、管理職が機動的にリソースを配分できたという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。