資料の紹介

 デジタル変革におけるデータの重要性が叫ばれる一方で、企業が所有するデータの多くは、組織のいたるところに存在する“サイロ”に放置されている。その結果、あらゆる業界、あらゆる規模の組織が、データから十分な知見を得ることなく意思決定せざるを得なくなっている。

 データのサイロ化は以前からあった問題だが、近年、企業ITがオンプレミスからクラウドへと広がるにつれ、深刻さを増しつつある。多様なデータを柔軟に活用できるプラットフォームを構築し、ユーザーがデータを安全に共有しながら、様々な分析を行えるようにする必要がある。

 本資料では、深刻化するデータのサイロ化問題を解決する一つの手段として、データ分析クラウドの活用を提案。その特徴やメリットを説明する。オンプレミス、クラウドを含めたシステム全体でデータを共有できれば、ビジネスの合理化、顧客の深い理解、効果的で精度の高い製品やサービス開発に有効だとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。