資料の紹介

 人工知能(AI)の応用分野が広がるにつれ、機械学習のツールを使って予測モデルを構築するデータサイエンティストが増えている。だが、業務に役立つモデルを構築するには、大量の訓練用データが必要になる。そのため、的確なデータにすばやくアクセスできることが、AIでビジネスを差別化するうえでは重要だ。

 しかし、分析のためのデータ発掘やアクセス制御、クレンジング、結合、といったデータマネジメントは、時間と手間のかかる作業だ。データサイエンティストが、勤務時間の大半を、データのマイニングやモデリングではなく、データマネジメントに費やしているという実態を示す調査結果もある。

 本資料では、データサイエンスや機械学習の取り組みを促進する、効率的なデータマネジメントの要件を示し、それらを実現する手段として、クラウド型のデータ分析プラットフォームを提案する。機械学習における予測モデルの成功は、多種多様かつ大量のデータをいかに効率的に管理するかにかかっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。