資料の紹介

 製造業は、市場の成熟化にどう向き合えば良いか。成熟市場では、製品が高品質であること加え、多様なニーズへの対応とそれらの変化への対応力が必要となり、顧客とのコミュニケーションが重要視される。従って、企業は「顧客との接点」を強化する必要がある。しかし、多くの日本企業では技術者が持つ知識や情報が属人化、ブラックボックス化しており、見積もり段階からの顧客とのコミュニケーションが非効率となる要因になっている。

 その解決策となるのがデジタルトランスフォーメーション(DX)だ。IT活用でビジネスモデルを変革し、顧客接点の強化でも競争力の高い仕組みを構築しつつある企業が、海外には多数存在する。日本企業も世界での競争に勝つためのDXを急ぐ必要がある。

 本資料では、多くの日本企業が陥りがちな業務改善の課題を整理し、DX改革のあるべき姿を提案する。部署ごとの局所的な改善ではなく、次世代CPQを活用し、全社の知識を1つのプラットフォームにまとめ、それらを連携することで、様々な課題が解決できるとする。EコマースやWebによる集客と見積もりによる顧客接点の強化および設計・製造効率化を実現した成功事例についても紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。