資料の紹介

 クラウド名刺管理サービスで急成長を遂げているSansanは、組織の拡大や複雑化に柔軟に対応できるようにするため、ワークフロー基盤を刷新。急成長企業や大企業の経営層が陥りやすい「承認作業疲れ」を克服し、意思決定のスピードを落とさない環境を実現した。

 2007年に創業したSansanの売上高や社員数は、ここ数年で大きく増え、組織の構造も複雑化した。組織が大きくなれば、判断すべきことも多くなり、意思決定にもさらなるスピード感が求められるようになるが、従来のワークフロー管理システムは承認経路やルールの変更などに複雑な設定が必要で、使いこなせる特定の社員に作業が集中している状況だった。

 本資料ではSansanにおけるワークフロー基盤刷新の経緯と、製品選定の決め手や導入効果について説明する。今後は、新たなワークフロー基盤と連携できる承認プロセスはすべて自動化し大幅に省力化するなど、企業の成長を加速するワークフローの実現を目指すという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。