資料の紹介

 新製品情報などを多くの人に届けるには、従来はテレビCMが効率的だった。しかしネットの発達によりSNSや動画配信が台頭し、若年層がテレビをあまり見なくなるなど、消費者の行動は変化した。スマートフォンなどで時間や場所にとらわれずに視聴できるサービスが、情報収集の主な手段になってきている。企業においても、動画を活用したプロモーションに取り組む必要性が高まっている。

 動画配信はテレビCMとは違い、大掛かりなセット、時間をかけたロケ、高額な機材を必要とせず、臨機応変に新しい情報を発信できる。技術的にも企業での内製が十分可能だ。内製化で、情報の新鮮さやユーザーとの距離の近さといったメリットをより生かせる。動画配信はユーザーに向けた宣伝のみならず、企業内のトレーニングや情報共有にも活用できる。

 本動画では、社内にノウハウがない企業でも動画作成を始められるように、基礎から順を追って解説する。撮影機材はスマホでもOK。あとはPCがあれば良い。「誰にどんなメッセージを伝えたいのかを事前に明確にする」「そのために絵コンテを作る」といった基本を解説し、さらに動画編集ソフトを使った編集作業についても詳説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。