資料の紹介

 コロナ禍を機に、国内製造業のデジタルトランスフォーメーション(DX)が加速している。人工知能(AI)を活用した研究開発、ドローンやウエアラブルデバイスを活用した工場オペレーションなど、その取り組みはあらゆる分野に広がっている。ただし、顧客との接点である販売・サービス分野では、欧米トップ企業に後れを取っているのが実情だ。

 例えば、化学・素材企業にとって最大顧客ともいえる自動車産業は、現在、電気自動車(EV)化という大きな転換点にある。このため、自社のどの製品が顧客価値につながるかを見出し、既存顧客へのアップセル・クロスセル、新規顧客への製品提案を強化することが、化学・素材企業の重要テーマだ。ところが、国内の化学・素材企業は、その取り組みが思ったように進んでいない。一方、欧米トップ企業は、ある仕組みを活用してその取り組みを加速している。それが、全社共通のCRM(顧客関係管理)だ。

 本資料では、なぜ全社共通CRMが日本と欧米におけるDXの差を生み出しているのか、その理由を明らかにする。化学・素材業界向けの資料だが、その内容はあらゆる製造業のDXに役立つだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。