資料の紹介

 今日の企業は、かつてないほど多様なデータを収集・処理・分析している。データ資産をどう扱うかは、ビジネスで高い収益性を得られるかどうかの大きな分岐点になっているといえる。しかし、増え続ける大量データの管理には、大きなコストがかかる。

 さらに、リレーショナルデータベースやNoSQLデータベース、JSON、XMLなど、データソースの種類やデータ形式も増加の一途をたどっている。こうした状況に対応するには、データの規模や保存場所、形式に関係なく、スムーズにアクセスできるようにする分析プラットフォームが必要になるだろう。

 本資料では、個人のスキルレベルやデータの保管場所を気にすることなく、自社のデータを横断的に分析できるビジュアルBI(ビジネスインテリジェンス)プラットフォームを紹介する。レノボの海外オフィスはこれを利用して、各部門のアドホックな分析ニーズに対応する売上ダッシュボードを作成。28カ国でリポート作成を95%効率化できたという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。