資料の紹介

 2021年4月、国税庁は「源泉所得税の改正のあらまし」というパンフレットを発行した。このパンフレットには、「給与所得者の扶養控除等申告書」などの重要な変更点が記載されており、今年度の年末調整にも直結する重要な内容だ。

 今回の変更のポイントは「押印義務の廃止」と「電磁的方法での提出」である。前者については、既に国税庁のホームページに押印スペースのない「最新版の申告書のフォーマット」が公開されており、これを利用すれば押印を省略できる。後者では、給与についての申告書を社員が電子データの形で会社に提出できるようにした。

 本資料は「源泉所得税の改正のあらまし」について、事前に知っておくべきポイントや適用範囲などを簡潔にまとめたものだ。経理担当者の負担を大幅に軽減するだけでなく、一般社員にとってのメリットも大きい内容だけに、一度は目を通しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。