資料の紹介

 スマートフォンやWi-Fiは現代の生活に欠かせないデジタルツールだ。しかし、医療・介護の現場では、ナースコールや職員同士の連絡に依然としてPHSが使われている。病室でのスマホ利用率は20%以下、患者向けWi-Fi利用率は30%以下にとどまるという。

 PHSは、2021年1月31日に外線電話番号を利用した通話サービスが終了した。内線機能は継続使用可能となっているが、将来的には代替手段を検討しておく必要がある。また、患者と医療従事者の間や医療従事者間のコミュニケーションを円滑にしたり、オンライン面会などに対応してサービス向上を図ったりするために、院内のスマホ導入や通信環境の改善が重要になってきている。

 本動画では、病院や介護施設のPHSをスマホへ移行することによって得られる3つのメリットと、高品質Wi-Fiによる優れた通信環境の実現方法について、約6分半で紹介する。スマホやWi-Fiの導入にあたっては、医療機器への影響が懸念される。これについては、事前に電波調査を行い、医療機器には影響しない安全なWi-Fi環境を構築できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。