資料の紹介

 いまやDX(デジタルトランスフォーメーション)は、あらゆる業種・業界が取り組んでいるテーマである。一般的にDXの目的は、企業の競争優位性を高めるために、データとIT技術を活用し、売り上げ増加やコスト削減、業務効率化を図ること。それらに加えて、建設業界にはDXで解決しなければならない大きな課題がある。それは、現場作業員の「負荷軽減」と「安全確保」だ。

 例えば、現場作業員の体調をモニターして熱中症や過労を防いだり、建設車両・機械の位置情報やメンテナンス状況を把握して重大な事故を未然に防いだりする。これらを実現するために、不可欠なのがIoT技術だ。様々なセンサー情報をリアルタイムに収集・分析することで初めて、現場の課題を解決できるようになるのである。

 本資料は、建設業界におけるDXの推進方法と、そこで必要となるIoT技術について解説したものだ。ドローンによる3次元測量など、すでに先進的な取り組みを進めている建設業界で、IoT技術を使ってさらにDXを加速するためのヒントや事例、方法論などが図入りで説明されている。建設業界における今後のDXの可能性が見えてくる内容といえよう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。