資料の紹介

 4月に働き方改革関連法が施行された2019年。今年はテレワークやリモートアクセスがホットワードとして世間から注目を集める結果となった。長時間労働の削減と多様な働き方の実現の切り札として認知が進んだことは今後の普及に向けての追い風だ。特にリモートアクセスは社外でも社内と同じ環境のもと業務が行えることから、在宅勤務の普及には欠かせないものとなる。

 しかし、リモートアクセスの導入にあたっては端末側のセキュリティ対策を講じる必要があるのは当然のこと。さらに社外で業務を行った場合の勤怠管理をどう対処するか。従来の仕組みだけで対応するのは限界があるため、自社の環境に合った適切なツール選びを行いたい。

 本特集ではリモートアクセス環境の構築に最適なシステムをピックアップ。リモートアクセスシステムは企業インフラそのものであることから安定稼働と信頼性が重視されるもの。豊富な導入実績をもつシステムに関する資料をダウンロードしてもらえれば、検討時の力強い味方となるはずだ。