資料の紹介

 標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃が一向に収まらない。サイバー攻撃に備えて強固なセキュリティ対策を施したにもかかわらず、守りを突破してくる攻撃者が必ず現れる。新たな脅威から企業や組織を守るには壁をつくるだけでなく、相手がどんな目的、動機で攻撃してくるのかを掴んでおかねばならい。

 そこでセキュリティの分野で最近注目されているのが脅威インテリジェンスの活用。脅威インテリジェンスとはサイバー攻撃の脅威情報や脆弱性情報を取集、分析して得た知見を活用して、間近に迫るセキュリティ危機を予測したり、相手の攻撃の兆候を見つけ出す取組みのこと。結果として従来のセキュリティ対策で見落としていた高度なサイバー攻撃を事前に検知できるようになる。

 もちろん、脅威インテリジェンスの獲得には脅威に関する情報やデータの収集、分析、評価といった一連のプロセスが欠かせない。本特集では脅威インテリジェンスに関する基礎知識からその応用まで理解していただくための資料やハンドブックなどを提供。新たなセキュリティ対策として注目集めている脅威インテリジェンスを本特集で理解して、企業や組織のセキュリティ強化に努めてもらいたい。