資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症対策により在宅勤務が推奨されたことで、出社での業務が原則だった企業でもテレワークでの業務が広まっている。しかし、在宅勤務における通信環境の整備やその管理について充分に配慮されているとはいえず、通信速度不足や帯域不足によりWeb会議の映像や音声が途切れてしまうといったケースが見受けられる。今後も在宅勤務は重要な働き方となることを考えると、社外の多拠点からのトラフィックに耐えうる通信環境の拡充、ネットワーク構成の整備は喫緊の課題といえよう。

 本特集は、こうした課題を解決するものとして期待されるSD-WANにフォーカスをあてている。ネットワークを仮想化しリモートでの保守・運用を可能とするSDNやSD-WANを導入することで多拠点での接続やクラウドサービスの利用など、トラフィックに負担のかかる運用でも品質向上や速度改善を可能とする。資料ではSD-WANサービスの利用によりWeb会議サービスのZoomの使用環境が改善されたケースを紹介。在宅勤務がますます広がるいまこそ、通信環境改善に効果のあるソリューションに注目をしたい。