資料の紹介

 私たちのビジネスは無数の書類に溢れている。PDF化された電子書類が一般的になったことで紙の書類をやり取りする機会は減ってきた。しかし、企業によっては契約書や請求書などの重要書類が電子化できず紙の書類を使い続けるところも多いと聞く。特に電子化を妨げている要因といわれているのが押印の問題。押印のためにオフィスへ出社するというのは業務効率の観点からも見直すべきであるし、リモートワーク推進の足枷になるだけだ。

 押印が必要とされる書類が多数あるのであればWeb上で利用できる電子契約ソリューションの導入を検討すべき。書類の電子化を進めることで、契約書であれば印紙代や郵送コストの削減、承認の迅速化、管理の一元化、保管の省スペース化など、数多くのメリットが期待できる。コロナ禍でオンラインベースでのやり取りが増えるなか、DX推進のためにも脱ハンコ、文書の電子化は本格的に取り組むべき課題だ。関連資料を取り揃えたのでダウンロードしていただき課題検討の一助としてもらいたい。