資料の紹介

 「GIGAスクール構想」や新型コロナウイルス対策によって、小中高等学校や大学などの教育機関で、1人1台の学習端末や校内ネットワークの整備が進んだ。これによって、デジタル教材や大型提示装置、遠隔教育、コンピューターを利用したテスト(CBT)などを利用して、効果的な学びを実現することが可能になった。

 一方で、こうしたICT活用の基盤となるプラットフォームの安定運用やユーザー認証、ID管理などの重要性も増している。

 本特集では、安全で使い勝手の良いICT活用のプラットフォームを整え、児童・生徒・学生の質の高い学びを実現するための最新の技術や製品、サービスを紹介する。ICT活用教育を推進する参考としていただきたい。