「Do Home Connect」で提供するスマートロック。空室時に、ブレーカーが落ちている間もワンデイパスコードを利用できるため、空室期間中の鍵運用業務効率化につながる。
「Do Home Connect」で提供するスマートロック。空室時に、ブレーカーが落ちている間もワンデイパスコードを利用できるため、空室期間中の鍵運用業務効率化につながる。
[画像のクリックで拡大表示]
「Do Home Connect」のチャット機能の利用イメージ。記録が残るためトラブル発生のリスク低減につながる(資料:NTTメディアサプライ)
「Do Home Connect」のチャット機能の利用イメージ。記録が残るためトラブル発生のリスク低減につながる(資料:NTTメディアサプライ)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTメディアサプライは、マンション用のIoTサービス「Do Home Connect」を販売している。入退去時の鍵の受け渡しを不要にするスマートロックや、マンションの利用者と管理者のやりとりを円滑にするチャットアプリ機能などを備えており、マンション管理業務を効率化できる。

 「Do Home Connect」のスマートロックには、ワンデイパスコードを発行する機能があり、内覧や退去後の清掃といった一時的な入室時に利用できる。ブレーカーが落ちるなど通信ができない状態となってもワンデイパスコードを利用できる点が、このスマートロックの特徴だ。また電池の残量を確認できるので、電池切れリスクの不安もない。

 利用者向けのアプリ機能には、入居者の帰宅を指定したスマートフォンに通知する見守り機能や、センサーと連動した家電操作機能などがある。物件の価値を高め、空室を減らす効果が期待できる。

 「Do Home Connect」の詳しいサービス内容や設置などに関する情報は、以下からダウンロードできる資料で確認できる。

問い合わせ先:NTTメディアサプライ
URL : https://do-homeconnect.net/
電話番号:06-4709-0111

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。