資料の紹介

 コロナ禍でテレワークによる在宅勤務が一般的になったことで、企業におけるクラウドの役割は高まっている。さらに業務で利用するアプリケーションも比例するように増えており、アプリケーションの効果的な展開、管理も課題となってきた。需要高まるアプリケーションをクラウドプラットフォームで効率よく運用する――この課題に対し効果があるものとして注目されているのがハイブリッドクラウドである。

 ハイブリッドクラウドとは、企業や組織内だけで利用可能なプライベートクラウドと一般のエンドユーザーが利用可能なパブリッククラウドを組み合わせて、コストと品質の確保。サーバー負荷の分散を実現させたもの。レガシーなデータセンターでの運用が困難なアプリケーションもハイブリッドクラウドへの移行を行うことで、コストや安全性をクリアした運用が可能となる。本特集では、アフターコロナで注目されるハイブリッドクラウドの利用と移行に向けた資料4点をご用意。今後のクラウド戦略の推進に向けたヒントとなるはずだ。