河川域の工事中に水位を遠隔で監視できる「簡易無線水位計測サービス」の設置イメージ(画像提供:アムニモ)
[画像のクリックで拡大表示]
クラウドでの管理画面。水位がしきい値を超えると関係者にメールで知らせる機能を備える(画像提供:アムニモ)
[画像のクリックで拡大表示]
工事用ICT簡易無線水位計。センシングには横河電機の技術を活用している(画像提供:アムニモ)
[画像のクリックで拡大表示]

 アムニモは、河川域や下水道の工事中に水位を遠隔で計測できる監視システム「簡易無線水位計測サービス」を販売している。

 「簡易無線水位計測サービス」は、無線水位計、通信、クラウドのオールインワンパッケージを、初期費用無料、月額3万円から利用できる。計測した水位データは設置後に電源スイッチを入れるだけでクラウド環境に統合され、パソコンやスマートフォンから閲覧できる。電池で駆動するため、設置に当たっての電源工事は不要だ。

 携帯電話網を使用しているので無線の届く広いエリア内で計測できる。中小河川や下水道などの工事管理だけでなく、ため池や工場などの水害予測、地下街や地下鉄の防災など、様々なシーンで水位監視に活用できる。

 水位センサーなどの詳細情報は、以下からダウンロードできる資料で確認できる。

[問い合わせ]
問い合わせ先:アムニモ
電話:050-3196-4774
URL : https://amnimo.com/wlm/

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。