資料の紹介

 「守りのIT」と「攻めのIT」。企業のIT部門には今、この2つが求められている。守りのITとは、既存の社内ITインフラの安定稼働に向けた管理運用のこと。攻めのITとは、DX(デジタルトランスフォーメーション)と呼ばれる、デジタルイノベーションによるビジネスへの貢献だ。実現にはIT部門の人材と予算の増強が必要だが、どちらも思うようにいかないことが多い。

 こうした課題の解決策となるのが、アウトソーシングサービスの活用だ。その効果を最大限に発揮するためには、企業の事業に近い領域の「コア業務」と、それ以外の「ノンコア業務」の仕分けが重要である。必ずしも社員で賄う必要のない「ノンコア業務」を社外に任せ、社内の人材をコア業務にシフトすることで、IT部門の戦力強化が可能になる。

 本資料では、コスト削減やIT部門の戦力強化を図れる、戦略的アウトソーシングのキーポイントを解説する。既存業務の見直しから、安全な業務移管や運用を行うための再設計、環境構築、運用まで、ITアウトソーシング化を包括的に支援するサービスについて説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。