資料の紹介

 働き方改革における新しい働き方として、さらに新型コロナウイルス感染症対策として、多くの企業がテレワークの導入に踏み切ったといわれている。しかし、テレワークを実際に始めてみたところ様々な業務で課題が生じているという話をよく聞く。特に大きな課題となっているのが「紙の資料、書類に関する問題」と「社内の人間の行動が把握できない、見えづらいという問題」の2つ。テレワークは多くの拠点に散らばったメンバーがオンライン上でつながっている状態で業務を進めることから、オンライン上で課題解決ができる仕組みが必須となってくる。これはテレワークを実施している企業だけでなく、新たにテレワークを始めようという企業にとっても共通の課題だ。

 本特集では、テレワーク実施における課題解決や実施環境の整備に役立つソリューションとして、在宅環境下での安全な通信環境、請求書をはじめとする紙書類のデジタル化、安全なファイルデータの受け渡しについて紹介。また、テレワーク実態調査として今年5月にアンケート調査した結果をまとめた資料では、最新のテレワーク状況がわかる内容となっている。