資料の紹介

 2020年の緊急事態宣言以降、テレワークは一般的になり、企業ITを取り巻く環境は大きく変化。今後のニューノーマル時代においてはクラウドの役割はますます高まり、業務で利用するアプリケーションもクラウドネイティブなアプリが次々と生まれてい る。アプリケーションの効果的な展開、管理という課題もますます重要度が高まり、需要が高まるアプリケーションを複数のパブリッククラウドで効率よく運用する― マルチクラウドの導入が企業の変化への対応力を身につけるうえで注目されている。

 本特集では、企業でマルチクラウドを活用する際に重要なポイントを読み解くための資料をご用意。クラウドの導入、DevOpsの実践、クラウド財務管理、ガバナンスの実践、セキュリティ確保などマルチクラウドを活用するうえで重要な点をまとめている。また、マルチクラウドの活用だけでなく、クラウド移行の対策やハイパーコンバージドインフラストラクチャ―の導入、ITモダナイゼーションへの対応など企業のIT運用に関する資料も併せて、今後のクラウド戦略の推進のヒントにぜひ、参考にしてほしい。