資料の紹介

 国は、児童・生徒の1人1台の学習端末や教育現場のネットワーク環境を整備する「GIGAスクール構想」を推進している。これによって、教育現場でより質の高い学びを実現したり、校務の負荷を軽減して教員が子どもたちと向き合う時間を増やしたり、といった効果が生まれると考えられる。

 また、新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの学校が学校休業(休校)や分割登校などを余儀なくされている。こうした際にも、ICTを活用したオンライン授業などで、学びを継続している学校が増えている。

 教育現場の学びを継続し、その質を高めていくには、GIGAスクール構想の実現が必要不可欠だ。本特集では、GIGAスクール構想を支える最新の技術や製品、サービスなどをまとめて紹介する。ICT活用教育の参考としていただきたい。