資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に向けて、「2025年の崖」として指摘されるレガシーシステムのリプレースやリホストなどを考えている企業は少なくないだろう。では、DXを支え得る最適なインフラとはどのようなものだろうか。

 1つの解といわれているのがシステムやビジネス要件に応じて、オンプレミス環境やプライベートクラウド、パブリッククラウドを適材適所に組み合わせたハイブリッド環境である。例えば、外部に持ち出すことが難しい機密データなどはオンプレミスで保持しつつ、クラウドの柔軟性、俊敏性を有効に活用し、新しいサービスを立ち上げたり、そのための実証を繰り返し行ったりするわけだ。

 とはいえ、DXの実現に向けて、リソースをアプリケーションレイヤーに集中させるためには、複数の環境を利用するための管理が2倍、3倍に膨れ上がることは避けたい。ハイブリッド環境の適切な管理は、これからの企業にとって重要な課題となる。

 では、果たしてどのような解決策があるのか。元祖HCIとして業界をリードするNutanix関連のケースを見てみよう。